ドコモの2in1でMNP弾を作る

投稿日:2015年2月15日 更新日:

「2in1」とは、1台の端末で2つの電話番号を使い分けられるFOMA回線用のサービスです。
ドコモのガラケー使いの人がMNP弾を作るのに最適でした。
最安のMNP弾として使ったことのある人も多いでしょう。
Xi契約をしている人は残念ながら2in1が使えません。

2in1を契約

  1. ドコモショップ店頭で申し込み
  2. 「タイプ2in1同一名義オプション」
  3. 「Bナンバー契約」をした番号でMNP予約番号を発行

費用

  • 月額800円の日割り料金。
  • MNP転出手数料2,000円
    (90日以内の解約の場合は、5,000円)
  • 新規契約事務手数料3,000円(他社)

2in1ならば2年縛りの解約金は掛かりません。

 

3ヶ月以上維持した場合の具体的な費用

91日
840×3=2520
28円(1日)※
合計、2548円(税込)
※1日 840円 × 1/30(日割り) = 28円

短期MNPした場合の具体的な費用

2in1の日割り請求(1/30)+MNP転出手数料5000円
=5,428円(税込)ほどになります。

MNP先の新規契約手数料3000円込みの場合
8,668円(税込)
cf:so-net弾 16,080円(税込)

Bナンバーにおけるブラックリスト入りの基準について

MNP番号は即日発行可能ですが注意が必要です。
ネット情報は、こんな感じでした。

  • 1回目のの即解は大丈夫
  • 3ヶ月寝かせれば安心
  • 最低でも1ヶ月寝かせるべき
  • 年1回なら大丈夫
  • 通常の音声契約よりも条件が緩い
  • 2in1の多発は簡単にブラック入り

私の経験では、即解1回目は大丈夫だと思います。
2回やりましたが大丈夫でした。
これらは、あくまで参考程度に考えて下さい。

2回目からは少なくとも3ヶ月寝かしたほうが良いようです。
ドコモの明確なブラック入りの基準はないので、
最低でも3ヶ月、出来れば6ヶ月間維持してからBナンバーをMNP弾として使いましょう。

-MNP関連, ドコモ
-,

Copyright© マイコジ , 2020 All Rights Reserved.